ペットも人間も快適に生活するために

トラブルも多い

フローリングにコーティングを施していない場合は、トラブルが起こる可能性が高まってきてしまいます。基本的に、滑るとペットの足腰に負担をかけてしまうのです。犬の場合は、ヘルニアになることもあります。

基本を覚える

フロアコーティングによって、色々なトラブルを防ぐことができます。まずは、どのようなトラブルが起こるのかしっかりと調べておきましょう。トラブルについて知ることができれば、フロアコーティングの大切さが分かってくるのです。

フローリングについて

床

シミになる

ペットを室内飼いしている場合、多いトラブルが糞尿によるトラブルです。トイレの躾をしていない場合、所構わずウンチやオシッコをしてしまうことが多いでしょう。基本的に、専用のトイレが必要となってきます。ですが、万が一、フローリングにウンチやオシッコをしてしまった場合、コーティングを施しておかないとシミになってしまうことがあるのです。一度シミになってしまうと、なかなか落とすことができなくなります。また、衛生的にも不衛生と言えるでしょう。ペットを飼っている家庭では、このように糞尿がフローリングのシミになってしまうのが多いのです。

傷がつく

コーティングを施していないフローリングは傷が付きやすくなってしまいます。家具などでフローリングが傷付くことも多いでしょう。また、ペットが引っかき傷を作ってしまうことがあるのです。特に犬を飼っていると、引っかき傷を付けられてしまう可能性が高くなってしまいます。フロアコーティングを施しておけば、基本的にフローリングに傷がつくことはないでしょう。小型犬の場合は、それほど問題ではない場合が多いですが、大型犬を飼っている場合は、フロアコーティングを施しておく方が安全です。コーティングを施していない場合は、簡単に傷を付けてしまうでしょう。

滑りやすくなる

フロアコーティングを施していない場合は、フローリングが滑りやすい状態となってしまいます。ペットが滑ることが多くなってしまうのです。床が滑りやすくても、猫の場合はあまり問題になりませんが、犬の場合は大きな問題となるでしょう。なぜなら、犬は基本的にしっかりと踏ん張ることができる場所で生活するように進化しているからです。その為、滑りやすいフローリングだと、足や腰に大きな負担をかけてしまうことになります。有名な病気としてヘルニアが挙げられますが、フロアコーティングを施すことでヘルニアを予防することができるのです。

毛が散る

フロアコーティングを施していない場合は、ペットの毛が舞ってしまうことがあります。毛が散ってしまうので、アレルギーの原因となることもあるのです。理由としては、フロアコーティングを施していないと、静電気が発生せずに誇りや毛が舞い散ってしまいます。ガラスコーティングなどを施すと、床に静電気を発生させることができるでしょう。静電気によってペットの毛や誇りを吸い付けるのです。こうすることで、毛が舞い散らなくなり、アレルギーのリスクを低減させることができるのです。また、飼い主の方も、健康に生活することができます。

汚れやすい

ペットを外に連れ出したりする飼い主も少なくありません。犬の場合だと、散歩に連れていく機会も多くなるでしょう。猫の場合は、勝手に外を出歩くこともあります。このように外に連れ出すと、汚れて返ってくることも多いのです。目に見えない汚れなどを持ち込んでしまうこともあるでしょう。そして、フローリングにコーティングが施されていない場合は、フローリングが汚れやすくなってしまいます。一度汚れてしまうと、汚れも落としにくくなってしまうのです。フロアコーティングを施している場合は、簡単に汚れが落とせるので掃除も楽になります。

コーティングの種類

足

シリコンコーティングとは

ペット用のフロアコーティングとしては、シリコンコーティングがとても人気です。シリコンコーティングにはどのような特徴があるのかチェックしておきましょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中